商標を保護するということ
てきとうに商標登録してよいのなら簡単です。

深く考えずに出願しても商標登録される可能性はあります。
 しかしながら、これでは商標を適切に保護したことにはなりません。

商標登録されることと、適切に商標を保護することは、違います。

多くの方が商標の保護のことを安易に考えていますが、それは誤りです。


商標の保護をきちんと行うことは簡単なことではけっしてありません。
失敗は起こるべくして起きています。

単に商標登録されれば十分ということではありません。

商標登録されていてもいい加減な商標保護しかされていない事例は多数あります。

 

商標を保護するという真の目的を達成するにはどのように商標登録すればよいかということを商標登録出願前によく考えることが必要です。

 

アーウェル国際特許事務所では、商標を保護することを真剣に考える方を対象に、月間数社限定になりますが、一般の方法よりも丁寧な方法で商標登録出願を行っています。

 

ご関心がございましたら、下記のリンク先「商標登録出願の7つのステップ」を閲覧ください。

 

商標登録出願の7つのステップ

 

 
主なサイトコンテンツ

このサイトには、【1】商標登録出願の7つのステップ、【2】商標保護のノウハウなどのメッセージ型コンテンツが用意されています。また、これらの情報の発信とともに商標保護サービスの提供がこのサイトを通じて行われています。


【1】商標登録出願の7つのステップ

すべての商標登録出願について専門的な判断が商標登録出願前になされます。オーダーメイドによる商標の保護です。

  • 商標登録出願の7つのステップ
    ご依頼からアーウェル国際特許事務所による商標登録出願手続完了までの一連のフローを7つのステップに分けて解説しています。

  • 申込方法、お問い合わせ方法
    商標登録出願のお申し込みや商標の保護をご希望の場合の申込方法及びお問い合わせ方法を記載。インターネットからでもFaxからでも簡単にお申し込みできます。

【2】商標保護のノウハウ
さまざまな会社、団体、事業主の方など、それぞれによって、商標について必要とされる知識、レベルは大きく異なります。 このサイトをご訪問された方がご自身に必要とされることを自ら判断し、下記のノウハウを吸収していただければと思います。

  • よくある質問 FAQ
    費用のことや商標登録の必要性などの重要事項についてポイントを絞って解説しています。

  • 商標登録のことを勉強したい方へのメッセージ
    商標制度の基礎や商標登録に関するよくある質問について記載されています。

  • これから使用しようとする商標がある方へのメッセージ
    使用を開始しようとする商標がある方や、これから何かの事業を始めようとする方に知っておいていただきたいことが記載されています。

  • すでに使用している商標がある方へのメッセージ
    商標が未登録のままにもかかわらず、すでに使用している商標がある方や、すでに何かの事業を始めた方に知っておいていただきたいことが記載されています。

  • 商標とは
    商標がどのようなものかを手軽にイメージしていただくために、実際に特許庁で登録された商標(登録商標)の例を数多く挙げています。スタジオジブリの登録商標、ジーンズのメーカー(リーバイス、エドウィン)の登録商標、イチロー選手の登録商標、男前豆腐といった個性的な登録商標もあります。

  • 商標登録の必要性
    商標登録の必要性の有無を判断していただくためのコンテンツ。商標権侵害によって会社名称変更などの問題が起きた近年の実例も数多く挙げています。

  • 地域ブランド&地域団体商標
    地域ブランドの追い風となった、2006年4月施行の改正商標法の地域団体商標制度の概要。地域団体商標として登録され得る商標の3つのパターンです。

  • 小売業者・卸売業者の方のための制度
    ショッピングカートや店員の制服などに使用している商標を登録できる小売等役務商標制度が2007年4月1日からスタート! 小売など役務商標として商標登録する場合は、「小売サービス」として安価に一つの分野(区分)で商標権の取得をすることができます。

  • 指定商品とは、区分とは
    商標登録に要する費用計算の基準になる区分の概説です。商標登録出願においては、リンク先の商標法施行規則等に例示されている商品又は役務を参考にしながら指定商品又は指定役務の記載を行います。

  • 商号と商標との間で起きるトラブル
    会社設立時、起業時などに会社名を商標登録しないことの危険性について簡単にわかりやすく記載してあります。

  • 商標登録における代理人の必要性
    商標登録出願における代理人の必要性の有無についての記載。(代理人とは弁理士のことを指します。多くの弁理士は特許事務所に所属しています。)商標登録出願前後の手続における代理人なしでの手続の問題点についてシンプルに記載してあります。

  • 商標登録における代理人の選択方法
    きちんとした商標登録を実現するための代理人選択のポイント。同じ商標であっても代理人によって生まれてくる商標権は大きく異なります。


 

これらのメッセージは、アーウェル国際特許事務所から発信しています。

アーウェル国際特許事務所では、商標登録出願をきちんとされることを望まれる方に、強い商標権の取得を目的としたサービスを提供しています。商品・サービスをどのようにして商標で保護することが最もよい方法であるかをクライアントのみなさんと一緒になって考えています。

 
アーウェル国際特許事務所による商標の保護をご希望の場合には
下記の申込フォーム又はFax用申込用紙でその旨をお知らせください。

内容を確認後、当事務所からご連絡差し上げます。 ご質問などがございましたら下記のフォーム又は電話などでお問い合わせください。
また、無料電話相談をご希望の場合にも、下記のフォーム又は電話などでその旨をお知らせください。 [電話] 03-6381-3201(関東地区) 06-6105-5700(関西地区) 092-405-0042(福岡・九州地区) 096-234-6566(熊本・九州地区)
[Fax] 050-3737-9884
当事務所は、平日9:00から18:00まで営業しています。土・日・祝日はお休みです。
お問い合わせフォーム、Faxは365日24時間受け付けています。
お問い合わせ無料ですので安心してご連絡ください。
Copyright (C) Aarwer. All Rights Reserved.