Q きとんとした特許事務所(弁理士)によらず個人などで商標登録出願手続した場合に、将来問題となる可能性はありますか?

A はい。あります。

商標権は更新によって永久に存続させることができるもの、すなわち、出願の際の手続内容がそのまま永久に保護方法として反映されることもある“一生もの”の権利です。

商標登録されることと、適切に商標を保護することは、違います。商標の保護をきちんと行うことは簡単なことではけっしてありません。

お客さまがご自身で保護方法を探したり、決定したりするのは、費用の点で一見有利のように思われるかもしれませんが、出願の際の不適切な判断が、後々になって、会社名称の変更を招くなど大きな問題になることが多くあります。

参考:商標登録における代理人の必要性

よくある質問 FAQリストへ戻る 

 
アーウェル国際特許事務所による商標の保護をご希望の場合には
下記の申込フォーム又はFax用申込用紙でその旨をお知らせください。

内容を確認後、当事務所からご連絡差し上げます。 ご質問などがございましたら下記のフォーム又は電話などでお問い合わせください。
また、無料電話相談をご希望の場合にも、下記のフォーム又は電話などでその旨をお知らせください。 [電話] 03-6381-3201(関東地区) 06-6105-5700(関西地区) 092-405-0042(福岡・九州地区) 096-234-6566(熊本・九州地区)
[Fax] 050-3737-9884
当事務所は、平日9:00から18:00まで営業しています。土・日・祝日はお休みです。
お問い合わせフォーム、Faxは365日24時間受け付けています。
お問い合わせ無料ですので安心してご連絡ください。
Copyright (C) Aarwer. All Rights Reserved.