第12類

ここに記載されている商品(又は役務)は商標法施行規則に掲載されている例です。商標登録出願の際には、これらの商品(又は役務)を参考にしながら指定商品(又は指定役務)の記載が決定されます。

一 船舶並びにその部品及び附属品

(一) 船舶

エアクッション艇 カヌー 貨物船 客船 漁船 軍艦 ケーブル敷設船 砕氷船 しゅんせつ船 水上オートバイ タンカー 伝馬船 はしけ 帆船 引き船 フェリーボート ボート モーターボート ヨット ランチ

(二) 船舶の部品及び附属品

イ 推進器

スクリュープロペラ

ロ かじ取り器及びかじ

かじ 蒸気かじ取り器 舵輪 電動かじ取り器

ハ その他の船用品

オール オール受け カヌー用パドル キャプスタン けい船機 スタンチョン スティールハッチカバー 船側はしご 船舶用オーニング 船舶用防舷具 船 用信号標識 ハッチくさび ハッチクリート ハッチバッテン ハッチボード ボートカバー ボートダビット ボートチョック 丸窓 ムアリングパイプ

二 航空機並びにその部品及び附属品

(一) 航空機

オートジャイロ 気球 グライダー 水上飛行機 水陸両用飛行機 ターボジェット機 ターボプロップ機 飛行船 プロペラ機 ヘリコプター

(二) 航空機の部品及び附属品

回転翼 降着装置 座席 酸素装置 支柱 車輪 主翼 操縦装置 タイヤ チューブ 胴体 燃料タンク 羽布 尾翼 プロペラ 防水装置 油圧装置

三 鉄道車両並びにその部品及び附属品

(一) 鉄道車両

貨車 客車 ケーブルカー 蒸気機関車 除雪車 蓄電池機関車 電気機関車 電車 内燃機関車 内燃電気機関車 内燃動車

(二) 鉄道車両の部品及び附属品

網棚 座席 車体 車輪 集電機械器具 台車 台枠 つり皮 扉 扉開閉装置 連結機

(三) スキーリフト ロープウェイ(荷役用のものを除く。)

四 自動車並びにその部品及び附属品

(一) 自動車

貨物自動車 救急車 競争自動車 コンクリートミキサー車 散水車 乗用車 水陸両用車 雪上車 宣伝カー 装甲車 ダンプカー 図書館車 トラクター トレーラー トロリーバス バス フォークリフトカー 霊きゅう車

(二) 自動車の部品及び附属品

エアバッグ 風よけひさし 空気ポンプ クラッチ 警音器 座席 座席カバー シャシー 車体 車体カバー 車輪 スポーク タイヤ チューブ とって 扉 泥よけ 荷物台 バックミラー ハンドル ハンドルカバー バンパー 風防ガラス 方向指示器 ほろ ボンネット 窓カーテン 予備車輪支持具 リム ルーフラック ワイパー

五 二輪自動車並びにその部品及び附属品

(一) 二輪自動車

オートバイ

(二) 二輪自動車の部品及び附属品

ギヤクランク 空気ポンプ 警音器 サドル 軸身 スタンド スポーク タイヤ チェーン チェーンケース チューブ 泥よけ 握り 荷台 ハブ ハンドル フリーホイル フレーム ペダル 前ホーク リム

六 自転車並びにその部品及び附属品

(一) 自転車

運搬車 折り畳み式自転車 軽快車 実用車 スポーツツーリスト車 タンデム車

(二) 自転車の部品及び附属品

ギヤクランク 空気ポンプ 警音器 サドル 軸身 スタンド スポーク タイヤ チェーン チェーンケース チューブ 泥よけ 荷かご 握り 荷台 ハブ ハンドル フリーホイル フレーム ペダル 前ホーク リム

七 乳母車 車いす 人力車 そり 手押し車 荷車 馬車 リヤカー

八 荷役用索道

九 カーダンパー カープッシャー カープラー 牽引車

十 陸上の乗物用の動力機械(その部品を除く。)

(一) 内燃機関

ガソリン機関 ディーゼル機関 灯軽油機関

(二) 蒸気機関

車両用蒸気機関

(三) ジェット機関

ターボジェット機関 ターボプロップ機関 ラムジェット機関

(四) タービン

ガスタービン 空気タービン 蒸気タービン 水力タービン

十一 陸上の乗物用の機械要素

(一) 軸 軸受 軸継ぎ手 ベアリング

(二) 動力伝導装置

遊車 カム 逆転機 減速機 調車 動力伝導用ベルト 歯車 変速機 流体継ぎ手 流体トルクコンバーター リンク ローラーチェーン

(三) 緩衝器

空気ばね ばね緩衝器 ばね油圧緩衝器

(四) ばね

うず巻きばね 重ね板ばね つる巻きばね

(五) 制動装置

円すいブレーキ 円板ブレーキ 帯ブレーキ ブロックブレーキ

十二 陸上の乗物用の交流電動機又は直流電動機(その部品を除く。)

十三 タイヤ又はチューブの修繕用ゴムはり付け片 乗物用盗難警報器 落下傘

 

 
アーウェル国際特許事務所による商標の保護をご希望の場合には
下記の申込フォーム又はFax用申込用紙でその旨をお知らせください。

内容を確認後、当事務所からご連絡差し上げます。 ご質問などがございましたら下記のフォーム又は電話などでお問い合わせください。
また、無料電話相談をご希望の場合にも、下記のフォーム又は電話などでその旨をお知らせください。 [電話] 03-6381-3201(関東地区) 06-6105-5700(関西地区) 092-405-0042(福岡・九州地区) 096-234-6566(熊本・九州地区)
[Fax] 050-3737-9884
当事務所は、平日9:00から18:00まで営業しています。土・日・祝日はお休みです。
お問い合わせフォーム、Faxは365日24時間受け付けています。
お問い合わせ無料ですので安心してご連絡ください。
Copyright (C) Aarwer. All Rights Reserved.